徳島県民医連薬剤師交流集会に参加しました

2018年2月28日

2018薬剤師交流会

 

2月18日に徳島県民医連薬剤師交流集会が開かれました。
対象は民医連に所属する徳島県内に勤務する薬剤師です。
病院で働いている薬剤師、薬局で働いている薬剤師、勤務地もさまざまで、普段交流の少ない薬剤師と交流できる貴重な場です。


例年は薬剤師のみで行っているのですが、今年は調剤過誤についてグループ討論を行うため事務職員さんも参加となりました。
内容は
・講演「医薬品副作用被害救済制度と給付対象となった症例について」健生病院副院長
・各薬局からの報告「調剤過誤症例と対策」
・グループ討論「例題過誤事例について具体的に目に見える形での対策をまとめる」でした。


講演では、救済制度をいかに患者さまに周知し、患者さま自身から医師に相談できるようサポートできるか、また副作用疑い症例に遭遇した場合、まず文書で医師に知らせてほしい等、日々の業務に関連付けてお話いただけました。また、外来医師と保険薬局薬剤師それぞれがお互いに知らなかった事に多く気付くことができ、距離が少し縮まった気がしました。


各薬局からの報告では、気をつけていたつもりなのに実際の業務の中ではいつの間にか抜け落ちてしまっていたようなことに改めて気付かせてもらいました。


グループ討論では、今回は事務職員さんの参加もあり、処方箋受付から入力・調剤・鑑査・投薬の各過程の中でいかに役割分担しダブルチェックがかかるしくみをつくることができるのかじっくり話し合うことができました。


こういった交流ができるのは、民医連に所属している強みなのかもしれないと感じました。


(みのり薬局 B)

 

 

お問い合わせ

とくしま健康サポート
電話:088-655-1573